HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  チェ・ガンヒ「夜間飛行」を終えた感想“最後の飛行から着陸しました”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェ・ガンヒ「夜間飛行」を終えた感想“最後の飛行から着陸しました”



写真=キーイースト
女優チェ・ガンヒが「チェ・ガンヒの夜間飛行」を終えた感想を述べた。

昨年11月から1年間、KBS 2FM「チェ・ガンヒの夜間飛行」(以下「夜間飛行」)のDJとして活動しながら様々な音楽と温かいエピソードを伝え、リスナーを慰め、共感を得てきたチェ・ガンヒが、4日夜の放送を最後に「夜間飛行」のリスナーに別れを告げた。

普段から“ラジオバカ”と言われるぐらい同番組に人並みならぬ愛情を注いできたチェ・ガンヒは涙をこらえながら最後の放送のオープニングMCを行い、リスナーの心を痛ませた。「見えるラジオ」で生放送を聴取した人々から応援のメッセージが普段の3倍以上届くなど、遅い時間であるにも関わらずいつにも増して熱い関心の中で最後の放送が行われた。

この日、チェ・ガンヒは最後まで淡々とリスナーからのエピソードと別れの挨拶を丁寧に届け、1年間の思い出が詰まった選曲でリスナーへの最後のプレゼントを贈った。特に「夜間飛行」のリスナーを思いながら直接書いた手紙を読み上げ、リスナーやファンに大きな感動を与えた。

「愛するみなさんへ」で始まる最後の手紙でチェ・ガンヒは「これからもみなさんのエピソードが素敵な旅行をすることができたらと思う」と伝え「最後の飛行から着陸します。お幸せに」という言葉で1年間続けてきた“夜間飛行”の最後を飾った。

放送を終えたチェ・ガンヒは深夜2時を過ぎた遅い時間であったにも関わらず現場を訪れたファンと記念撮影を行い、エピソードを書いて送ってくれたリスナーたちと会話をするなどその名残惜しさにラジオブースの前をずっと離れられずにいたという。

「夜間飛行」のリスナーも「ガンちゃんの声、恋しくなるだろうね~これからの飛行もずっと応援します」「『夜間飛行』のおかげでとても慰められました」「みなさん、お幸せに。再び離陸する日を待っています」などのメッセージを残し、最後の放送に対する名残惜しさを伝えた。

現在チェ・ガンヒは映画「ミナ文房具」の撮影中だ。また来年上半期に韓国で放送される予定のMBCドラマ「秘密男女戦」への出演を確定し、ドラマと映画を行き来しながら精力的な活動を展開している。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

Author:kanryunews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。