HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  東方神起がワールドツアーを開始…2万5千人が“熱狂”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方神起がワールドツアーを開始…2万5千人が“熱狂”



写真=SM
東方神起には1万人を受容するオリンピック公園体操競技場が小さい程だった。二人のイケメン青年は、3時間の間ステージを完全に掌握した。

東方神起は17、18日の2日間、ソウルオリンピック公園体操競技場でワールドツアー「TVXQ! LIVE WORLD TOUR Catch Me in Seoul」の始動させた。

東方神起は4年ぶりに韓国で単独コンサートを開催し、3分で全座席を完売させる底力を発揮した。これを証明するかのように、コンサート開始の数時間前から公演場の前には数千人のファンが長蛇をなしていた。

公演が始まると公演場は東方神起を応援する赤いペンライトで埋めつくされ、壮観をなした。公演場を埋めたファンたちは東方神起の登場に熱い歓声を贈り、東方神起は彼らの情熱に笑顔で応えた。東方神起は2枚目のフルアルバムのタイトル曲「Rising Sun」で最初のステージを飾った。続いて新アルバム収録曲の「Getaway」「Hey」「“O”-正.反.合」など、力強いパフォーマンスを披露した。

「Getaway」で音響が途絶えるトラブルがあったが、東方神起は最初のステージ後に息を切らしながら「今日は本当に水が流れるように、トラブル一つなく公演が行われている」とファンを笑わせた。続いてユンホは「4年ぶりにコンサートを開いたが、長く待ってくれてありがとう。最初から強いパフォーマンスで走ったが、僕達の公演はこれからスタートだ」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

東方神起は続いて、独特の強烈なパフォーマンスでファンの心をノックした。特に新アルバム収録曲とヒット曲、日本シングルリリース曲などを通じてファンに新鮮さと強烈さを同時に与えた。彼らは曲「石鹸のように(Like A Soap)」「How are you」「Journey」「Wrong Number」「I Don't Know」「Purple Line」「これだけは、分かっていってほしい (Before U Go) 」「Destiny」「夢(Dream)」「Catch Me」「B.U.T(BE-AU-TY)」「Why?(Keep Your Head Down)」「バカ(Unforgettable)」「呪文-MIROTIC-」「Hi Ya Ya夏の日」「Summer Dream」「Sky」「 I’ll be there」などを歌い、強烈な印象を残した。

また、今回のコンサートで初めて公開する新曲「Humanoids」と「Here I Stand」でレア感を加え、ファンの歓声をさらに引き上げた。

東方神起のコンサートは、彼らがファンとどれほど近づこうとしているかを感じさせた。東方神起はワイヤー、二重舞台、各種の大型舞台装置を利用しスタンディング席はもちろん、2階と3階の観衆にも近寄っていた。

メンバーたちのソロステージも輝いた。チャンミンは5枚目のフルアルバム収録曲「告白(Confession)」で優しい男の姿を披露した。彼のステージの前に流れたムービーでは、同じ事務所の女優イ・ヨニがチャンミンの片思いの女性を熱演し、ファンから歓呼を受けた。

ユンホは、「Honey Funny Bunny」でセクシーガイに変身した。彼は、悪い男の致命的な魅力をアピールするダンスで女心を掴んだ。特にステージの途中で下半身のウェーブを披露する、いわばアメリカ式のダンスを踊りファンから歓呼を受けた。

東方神起のファンたちは誰よりも情熱的だった。公演数時間前からコンサート会場の前に集まった数千人のファンの中には、日本、中国、香港などアジア地域のファンを初め、ヨーロッパやアメリカなど西欧のファンも相当目についた。彼らはコンサート会場前に設置された東方神起のパネルと写真を撮るなど、各種のイベントに参加した。また公演中は、多少たどたどしくはあるが、誰より大きな声で東方神起メンバーの名前を連呼し、大きな歓呼を送っていた。

東方神起はコンサートの前に行った記者懇談会でワールドツアーの開催について「4年ぶりの公演なので、ファンをお待たせしたようで申し訳ない。それだけに、距離感を縮め、さらに近づける公演になるようにしたい」と覚悟を述べている。

東方神起は17日、18日2日間ソウルオリンピック公園体操競技場の公演で約2万5千人の観客を動員し、新しいフルアルバム「Catch Me」の収録曲を初め、「Why?(Keep Your Head Down)」「呪文-MIROTIC-」などヒット曲メドレー、日本シングルヒット曲ステージ、メンバーのソロステージまで、全部で27曲の様々なテーマで公演を行う。

東方神起はソウル公演を皮切りに、アジアはもちろん世界を巡回しワールドツアーを続ける予定だ。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

kanryunews

Author:kanryunews
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。